シニアライダーなら身に着けておきたいプロテクターの知識

シニアライダーのためのバイクの安全知識とニュース

スポンサードリンク

雨の日

シニアライダーのためのバイクの安全知識とニュースです。

ヒットエアのデメリット その1 雨の日

今回の台風で関東地方はかなりの災害にあわれましたね。

被害にあわれた方の一日も早い回復をお祈り申し上げます。


さて、暑い夏が終わり バイクもこれからが本番、でもこの季節は突然の大雨になることもあり、

雨対策が必要になりますね。



ヒットエアのエアバックジャケットは防水対策をしているものもあり、雨に対してはどしゃ降りでない限り、

EU-5などの防水タイプのジャケットなら大丈夫といえます。



メッシュタイプのジャケットの場合は下に防水インナーのBライナーを着れば、濡れることはありませんが、

お店に入るときはかなり嫌がられますので脱いで持って入るか、目の届くところに置いておいたほうが無難です。


レインウエアを上に着ると、エアバックが作動した時にジャケットやレインウエアを損傷する場合があるのでやめたほうがいいでしょう。


レインウエアを上に着る場合は2~3サイズ大きめの物を着れば、問題ありませんが、

動きの自由度が制限される場合もありますので注意が必要です。



お勧めはレインウエアの上に MLV などのハーネスタイプを着ることです。

これなら、お店に入るときもかさばらないので脱いで手に持って入るのも気になりません。


雨の日のほうが滑ったり、視界が悪く事故も起きやすくなるのでエアバックジャケットはぜひとも着てほしいところです。


 ブログパーツ

雨の日のヒットエアの防水対策

ライダーにとっては雨の日ほどいやな日はありませんよね。

雨の日には乗らないのが一番なんで・・・



とはいうものの、ツーリングや街乗りの時に雨に出会って、仕方なく走った経験はありませんか?

雨も60㎞/hを超えると、素肌にあたる雨は針がさしたように感じます。



服の下にも浸透してびしょびしょなんて耐えられません。

ヒットエアのエアバック付のジャケットは防水性を備えたモデル  EU-5  もありますが、



メッシュタイプのものは防水性はなく、雨の日に乗れば、ずぶぬれになります。

普通のコンビニなんかに入るのもためらわれます。



ヒットエアにはジャケットの下に着るアンダーウエア Bライナーがありますが、

確かにこのBライナーを着れば、体はぬれませんが、ジャケットはずぶぬれになります。



あまりお勧めの方法ではありませんが、2~3サイズ大きめのレインウエアを着る方法があります。

メーカーのおすすめではありませんが、エアバックが作動した時にレインウエアやエアバックの作動を邪魔しない程度の大きさです。



お店に入るときにはこちらのほうがお勧めです。

ただ、  Bライナー   は防寒対策に優れて、どしゃ降りでなければ、こちらはお勧めです。



台風18号がやってきましたが、あなたの雨対策は万全ですか? ブログパーツ
ギャラリー
  • AX-1 レストア ステッカーはがしNO2
  • AX-1 レストア ステッカーはがしNO2
  • AX-1 レストア ステッカーはがしNO2
  • AX-1 レストア ステッカーはがしNO2
  • AX-1 レストア ステッカーはがしNO2
  • AX-1 レストア ステッカーはがしNO2
  • AX-1 レストア ステッカーはがしNO2
  • AX-1 レストア ステッカーはがし
  • AX-1 シート張替え後
スポンサードリンク
ブログランキング
ページランキング
日本全国天気予報

-天気予報コム-
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード