シニアライダーなら身に着けておきたいプロテクターの知識

シニアライダーのためのバイクの安全知識とニュース

スポンサードリンク

持病

シニアライダーのためのバイクの安全知識とニュースです。

緊急入院 その2

緊急入院その後です。

病院の検査で心電図に異常ありと診断されて、すぐに精密検査

精密検査で手術の必要ありと診断・・・



まさかの生まれて初めての手術(涙) 

手術台に乗ったまま腕からカテーテルを入れて心臓手術


死にそうな身で手術は嫌だー

と思いつつ、承諾書にサインするほかなく



めちゃくちゃ恥ずかしいパンツをはかされて

きれいな女医にサインするなんて


本当に死にたいほど恥ずかしかった

でも、恥ずかしいのと死ぬのと・・

どっちを取るかと言われれば、・・・・


手術しかないでしょ。

というわけで・・・


まな板の鯉状態で腕からカテーテルを入れられて

何やら心臓の周りにモゾモゾ入っていくのが感じた。


医者がそこそこ、そこをもう少し入ってとか

わけのわからん手術用語使いながら、


手術が進んでいくのがわかる

手には点滴


パンツ一丁でおもらししてもいいようにか?

小さなパンツ


わけもわからず3時間

無時に手術は終了して


手中治療室へ

胸の痛みも少しおさまり、


ベットの上で3日も安静状態

左手には点滴

右手には手術跡の血止めのバンド。


胸には心電図への配線、耳には血中酸素を測るクリップ

ほとんど人造人間のような格好で過ごしました。


3日間、ベットで尿瓶でおしっこ。

動くこともできずに過ごしました。


一般病棟が開いていないということでさらに4日も手中治療室で過ごすことになりました。

その間、となりの急患は息が荒くなり、


裏口から出ていきました。

もう動けるのにプライベートなどない部屋で一週間も過ごす機会というのは

苦痛であり、またとない経験でした。



その後、一般病棟でリハビリなどを受けながら、もう一週間を過ごしました。

ようやく晴れて退院となりました。


三度目の突然の緊急入院

この先、どれだけ生きられるか生きているありがたさを

実感しました。


 応援していただける人はクリックしてね。⇒ 緊急入院

人気ブログランキングです。

緊急入院 してました。

しばらく更新を怠っていたので心配していた方もいると思いますが…(笑)

緊急入院をしていました。



どういうことかというと・・

糖尿病の持病があったんですが、

そのせいか、心臓が時々ギュッとするのです。


心配になって、病院で心電ずの検査を受けました。

普通に撮る心電図とは違い、歩きながら、マシンの上で測る心電図です。


心電図は読めないのでお医者さんの話では

「狭心症に黄色の点滅が始まっている程度です。」



「気を付けてください」

この程度なら安心と思っていたのですが、


仕事での重労働が響いたのか、

病院に糖尿病の診察に行く日に・・


心臓が苦しくなって 

七転八倒


ようやく車で行くことにしましたが、

途中で苦しくなって知り合いのところに車を止めて


タクシーで病院へ

いつも診察で受付をするときに心臓が苦しいです。



と、にいかにも苦しそうに(本当に苦しいです。)

伝えると、車いすを持ってきて


そのまま心電図を測りました。

そして、さらに詳しい検査が必要と


手術台のほうに・・・・


続きは明日書きます。

 ;続きに興味がある人はクリックしてね。⇒ 緊急入院

人気ブログランキングです。
ギャラリー
  • AX-1 レストア ステッカーはがしNO2
  • AX-1 レストア ステッカーはがしNO2
  • AX-1 レストア ステッカーはがしNO2
  • AX-1 レストア ステッカーはがしNO2
  • AX-1 レストア ステッカーはがしNO2
  • AX-1 レストア ステッカーはがしNO2
  • AX-1 レストア ステッカーはがしNO2
  • AX-1 レストア ステッカーはがし
  • AX-1 シート張替え後
スポンサードリンク
ブログランキング
ページランキング
日本全国天気予報

-天気予報コム-
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード